那須温泉神社へ初詣


那須町の初詣は那須温泉湯本にある【温泉(ゆぜん)神社】に行くのが定番です。那須町民にとっても、湯本の住民にとっても地主神社でもある温泉神社は、生活にとけ込み初詣にも欠かせないスポットです。

年末年始の仕事の忙しさを終えて、昨日やっと足を運びました。前日に降った雪が残る雪景色の中、寒さに震えながらのお詣りです。

この神社は、"那須与一"が屋島の戦の前にも祈願し、見事に扇の的を射抜いた事でも有名で、受験生が一矢必中を祈願する姿も多く見られます。 温泉神社へはホテルブランヴェール那須からは、車で5分程度で行くことができます。 <DAI>

http://www.nasu-yuzen.jp/

九尾みくじは大吉です

温泉神社のすぐ裏に、九尾の狐伝説で有名な殺生石(せっしょうせき)があります。九つの尾っぽを持つキツネは、那須町のシンボルとしても愛されています。
年の初めのおみくじはもちろん“九尾みくじ”。中を開くと大きく「大吉」の文字が刻印されていました。今年もいい年になりそうです。

湯を結ぶ誓いも同じ石清水 ~芭蕉~

奥の細道で有名な松尾芭蕉も、黒羽から高久で二泊した後、那須街道を北上して温泉神社まで足を運んでいます。和泉屋五左衛門方に二泊し、殺生石にも足を運んだと言われ、地元の民宿街にも松尾芭蕉の痕跡が残っています。

温泉街の田丸屋でランチ

体が冷え切った時には温かいそばがGood!
ばら寿司とのランチセットをいただきました。