八幡のツツジいよいよ終盤!


ホテルブランヴェール那須から、車で10分ほど那須山の中腹に上がれば、そこは八幡(やわた)、ツツジの群生地が広がっています。昔は那須馬の放牧場で、馬が毒性のあるツツジを食べずに残したことから、今ではツツジの見事な群生地として有名になっています。現在は木道が整備され、ツツジの木々の間を散策しながら間近にツツジの花を楽しむことができます。

すっきり晴れていると、眼下には黒磯や西那須野の町や、遠くには八溝山系から筑波山まで見ることができます。訪れたこの日(5月16日)は、薄曇りでしたが、ツツジはちょうど見頃を迎えていました。 <WAKA>

環境省指定の「かおり風景百選」にも選ばれていますが、確かに歩きながらふとツツジの香りを感じられることがあります。まもなくレンゲツツジが見頃を迎える時期ですが、他にもツツジの足元にはマイヅルソウやエンレイソウなどが咲いています。

那須高原にお越しの際は、ぜひ少し高い場所にある八幡にも足を延ばしてみて下さい。