江戸時代から伝わる"つまみ細工"


小さな布をピンセットで折りたたみながらつくりあげていく"つまみ細工"をご存知ですか?
江戸時代から続く日本の伝統工芸で、技法としては「丸つまみ」「剣つまみ」の二種類の基本的な形の他に、十種類の折り方があると言われています。

江戸時代の職人が編み出した技法は、自由な発想で現代にも受け継がれており、ホテルブランヴェール那須の売店でも、那須の作家の作品を展示販売しています。「かんざし」に「ブローチ」「ヘアピン」など、いろいろな種類の "つまみ細工" があり、細かい細工の作品をじっくりとご覧になることができます。 <DAI>