切り絵の 那須"藤城清治美術館" へ!


ホテルブランヴェール那須から、散歩がてらに歩いて訪れるにはいい場所がいろいろあります。そのひとつが切り絵で有名な "藤城清治美術館" です。切り絵の作品の数は多く、童画の挿絵の域を超えて、その作品のすばらしさには目を見張るものがあります。

ぜひじっくりと見ていただきたいのは、那須の美術館でしか見られない作品たちです。藤城氏は、東日本大震災の直後に被災地を訪れ、爪痕の残る生々しい情景を描きとめ、被災地の復興を祈りつつ作品にとめました。また館内には、横幅6mの巨大水槽を利用した大作などがあり、そういった貴重な多くの作品は必見です。

他にはミニ影絵劇の回転舞台や、天井や壁面、床などの空間に映像が溶け込むプロジェクションマッピングなど、平面と立体で作品を体で感じるの事の出来る構成となっています。時間をかけてゆっくりと見ていただきたい美術館です。 <DAI>

美術館の入り口は武家屋敷のような日本風のりっぱな門、ここをくぐると自然の風情が美しい庭園へとつながっています。新緑の春、紅葉の秋、雪が積もる冬と、それぞれの美しい景色をこの庭で堪能することができます。

敷地内にはチャペルがあり、ステンドグラスも藤城清治氏の作品が描かれています。
“藤城清治美術館”は、ホテルから歩いて15分程度、お天気のいい日にはぜひブラブラとお出かけください。