とろろのお店"くつろぎ"


ホテルブランヴェール那須の社員の多くは、地元那須町をはじめ、お隣の那須塩原市、矢板市そして福島県の白河市からそれぞれ通勤しています。その町それぞれに特産・名産・名所・旧跡そして名店などがあり、休みの日にそれらを巡るのがまた楽しみです。そんな中今回は、那須塩原市に住むOKAさんが奨める「とろろのお店」 "くつろぎ"をご紹介します。

お店はいたって平凡、地元の優しいおかあさんたちが明るく迎えてくれます。メニューに目をやると「とろろ」が付いた定食がずらりと並び、お値段も良心的な設定になっています。

初めての注文はやはりお店一押しの「にわとこ とろろセット¥1080」(※「にわとこ」とはここの単なる地名)。最初に常滑焼のすり鉢に入った"とろろ"が出てきます。
「濃い目のタレですのでお玉に7分目ほど入れて、すりこぎ棒で滑らかになるまでよくすってください」とお店の方。言われたとおりにモクモクとすりこぎ棒を回すこと5~6分・・・。

滑らかな“とろろ”のできあがり

すりこぎ棒で丁寧にすり鉢でとろろをする時間は、本体のお膳を待つのにはとてもいい間合い。最初に出された素朴なおしんこをつまみながらの作業に、やがてとろっとろっの“とろろ”の出来上がり!

お膳には田舎料理が満載!

出てきたお膳には、天ぷら盛り合わせに煮物、唐揚げ、酢の物にフルーツと田舎料理がいっぱい・・・。そのボリューム感にはおもわず笑みがこぼれてしまうほど。

とろろの天ぷらに舌鼓

数種類の天ぷらの中でメインは「とろろの天ぷら」。さっと揚げたとろろをのりで巻いた天ぷらは、“サクッとろり”という触感で、これがまたたまらなく美味しい。

自分ですったとろろをご飯にかけて食べる定食は、食がすすみどんぶりご飯もペロリ、お腹もいっぱいで満足度はピークに達します。

那須野が原公園近く

とろろの店"くつろぎ"は、那須塩原にある市民の憩いの公園・那須野が原公園にほど近いところにあります。林に囲まれた昔ながらの日本家屋で、探していかないと見つからないとろろの美味しい名店。ぜひ足を運んでみてください。

栃木県那須塩原市接骨木495-36 Tel:0287-35-4556