田舎の蕎麦屋さん "峠茶屋"


小川に赤い橋が架かり、橋の先には "峠茶屋" という店名が、これはまるでどこかの山の中の風情だが・・・。実はこのお店、那須ICから5分、那須街道のすぐ脇にあるお蕎麦屋さんです。那須ICから近いので観光客相手のお店、と思いきや、意外や意外、地元の人たちが通う、夜まで営業しているお蕎麦屋さんでした。

那須地域は蕎麦の産地でもあるため、町内にはたくさんの蕎麦屋さんがあり、美味しいお蕎麦がどこの店でも食べられるとあって、そば好きにとってはとてもいい町でもあります。
那須観光のひとつの要素として、ぜひこの蕎麦屋さん巡りをお楽しみください。 <DAI>

お蕎麦屋さんの定番「ざるそばと小天丼セット」です。蕎麦は店主みずからが打っている腰の強い正真正銘の手打ちそば。

付いている小天丼は、小さな器にはみ出してしまうほどたっぷりの天ぷらが・・・。小ぶりながら7種類の天ぷらが、割とあっさりめのタレで旨味をさそいます。

ちょっと寒かったこの日は「鍋焼きうどん」もいただきました。うどんのつゆは田舎風。太いうどんとの相性はピッタリです。